科学と機械学習のあいだ:変量の設計・変換・選択・交互作用・線形性

科学と機械学習のあいだ:変量の設計・変換・選択・交互作用・線形性

機械学習はそもそも汎用的な枠組みであり基本的には対象分野に依らず利活用できる。従って、分野を限定して物質科学に機械学習を活用するなどと言う場合、その本質的難所の大部分は、有効な変量の設計・変換・選択・交互作用・線形性などに関する、いわゆるfeature engineeringの問題に帰する。特に、科学研究では端的な説…

Keywords: 機械学習
Date: 2018/04/22 03:40

Related Entries

Read more ML Visuals by dair.ai - Google Slides
0 users, 3 mentions 2020/05/20 02:21
Read more WT5?! Text-to-TextモデルでNLPタスクの予測理由を説明する手法! | AI-SCHOLAR.TECH
1 users, 0 mentions 2020/05/22 11:55
Read more 確率予測とCalibrationについて - 機械学習 Memo φ(・ω・ )
35 users, 9 mentions 2020/05/24 05:51
Read more 手書きからフラットカラーいらすと作成、深層学習で、リアルタイムも可能 | Seamless
14 users, 12 mentions 2020/05/28 01:21
Read more 人はいかにして定性×定量のデータ分析者になるのか - Speaker Deck
1 users, 6 mentions 2020/05/29 08:21