Kaggleでよく使われるStacking/Blendingをheamy、Stacknetをpystacknetで高速に実装する - フリーランチ食べたい

Kaggleでよく使われるStacking/Blendingをheamy、Stacknetをpystacknetで高速に実装する - フリーランチ食べたい

この記事は 機械学習工学 / MLSE Advent Calendar 2018 - Qiita の15日目です。 Stacking/Blendingは実装が面倒 Kaggleなどでよく使われるアンサンブル手法にStacking/Blendingがありますが自分で実装すると結構面倒です またモデルの精度を測る際にK-Fold Validationを行うこともありますが、同じpredictを何度も発生してしまい、単純に行うと無駄な処理が多くなってしまいます。 今回紹介するライブラリheamyでは、それらの問題点が解決されており、 抽象化されたAPIで簡単にStacking/Blendingを実装…

9 mentions: @ikedaosushi@hiro_matsuno2@ikeda_yutaro@hideo_is@ushirovsky@mhiro2_1127
Keywords: stacknet
Date: 2018/12/16 04:46

Bookmark Comments

Related Entries

Read more S3のログをAmazon Athenaを経由してRedashで分析/可視化 - yasuhisa's blog
17 users, 0 mentions 2018/02/25 23:30
Read more Using neural architecture search to automate multimodal modeling for prohibited item detection - Mer...
6 users, 9 mentions 2019/04/26 07:30
Read more 機械学習による自動応答の今 外部知識に基づく応答生成に関するサーベイ結果 Part1 - ログミーTech
11 users, 5 mentions 2019/09/06 08:18
Read more Kaggleコード遺産 - Qiita
23 users, 2 mentions 2020/02/14 14:21
Read more PyTorchの関数本体ってどこで定義されてるの?逆伝搬は?~ATenの世界へのみちしるべ~ - Qiita
4 users, 0 mentions 2020/07/13 00:52