StyleGAN: A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networksの実装 - 機械学習奮闘記

論文 A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networks(Karras et al., 2019) いつもインパクト大な高解像度の画像生成手法を発表してくるNVIDIAの論文である. 概要 スタイル変換の文献を参考に,敵対的生成ネットワークにおけるジェネレータの新しいアーキテクチャを提案する. このアーキテクチャは,高レベルな属性(例:人の顔で訓練されたときのポーズ,アイデンティティなど)を教師なしで分離し, 生成画像に確率的な変動(例、そばかす,髪など)を含めることを可能にする. これにより,スケー…

1 mentions: @sssssssskm
Date: 2019/03/06 11:14

Referring Tweets

@sssssssskm StyleGANを実装した.楽しかった. https://t.co/3dMxcG7fdZ

Related Entries

Read more 今日から始める機械学習〜はてなの事例〜
Read more 科学と機械学習のあいだ:変量の設計・変換・選択・交互作用・線形性
Read more Goodfellow先生おすすめのGAN論文6つを紹介
Read more Deep Learningを用いた教師なし画像検査の論文調査 GAN/SVM/Autoencoderとか .pdf
Read more 日本初の競技機械学習大会 Cpaw AI Competition の運営 / About Cpaw AI Competition in Kaggle Meetup Tokyo - Speaker De...