サポートベクトルマシンの考え方 | Logics of Blue

予測には過去のデータを使います。しかし、外れ値のような余計なデータまで使ってしまうと、予測精度が下がるかもしれません。 そこで「本当に予測に必要となる一部のデータ」だけを使います。 「本当に予測に必要となる一部のデータ」のことをサポートベクトルと呼び、サポートベクトルを用いた機械学習法がサポートベクトルマシン(Sapport vector machine:SVM)です。 ここでは、分類・回帰に分けたサポートベクトルマシンの概要と、R言語を用いた実装方法について説

Date: 2019/05/15 09:47

Bookmark Comments

Related Entries

Read more 今日から始める機械学習〜はてなの事例〜
1 users, 0 mentions 2018/12/02 15:46
Read more 科学と機械学習のあいだ:変量の設計・変換・選択・交互作用・線形性
0 users, 0 mentions 2018/04/22 03:40
Read more ノイズのある教師データを用いた機械学習に関する研究サーベイ - ABEJA Tech Blog
0 users, 30 mentions 2019/07/29 02:09
Read more Deep Learningを用いた教師なし画像検査の論文調査 GAN/SVM/Autoencoderとか .pdf
0 users, 0 mentions 2018/10/09 06:53
Read more 日本初の競技機械学習大会 Cpaw AI Competition の運営 / About Cpaw AI Competition in Kaggle Meetup Tokyo - Speaker De...
20 users, 8 mentions 2018/12/01 05:46