サポートベクトルマシンの考え方 | Logics of Blue

予測には過去のデータを使います。しかし、外れ値のような余計なデータまで使ってしまうと、予測精度が下がるかもしれません。 そこで「本当に予測に必要となる一部のデータ」だけを使います。 「本当に予測に必要となる一部のデータ」のことをサポートベクトルと呼び、サポートベクトルを用いた機械学習法がサポートベクトルマシン(Sapport vector machine:SVM)です。 ここでは、分類・回帰に分けたサポートベクトルマシンの概要と、R言語を用いた実装方法について説

Date: 2019/05/15 09:47

Bookmark Comments

id:Syncrea SVMの割とわかりやすい解説。
id:karaage SVMに関してめちゃ詳しい説明!これは後で絶対読む
id:amdgRCC "境界線と最も近くにあるデータを「サポートベクトル」と呼びます。"