あらゆるデータセットに使える3つの可視化テクニック | Yakst

Python の可視化ライブラリである Seaborn を利用して表現豊かなグラフを生成するためのテクニックを紹介する記事です。グラフの選択基準としてデータを構成する値が分類のある値かそれとも連続値であるかに注目しており、この記事を通して実践的なテクニックを身につけることができます。

5 mentions: @Quramy@msh5_t@amasawa_seiji@netmarkjp@msh5_t
Date: 2019/05/21 03:47

Referring Tweets

@Quramy 3件のコメント https://t.co/jmMlziVKse “あらゆるデータセットに使える3つの可視化テクニック | Yakst” (30 users) https://t.co/iUvSYGeRYp
@msh5_t @MLWhiz Hey @MLWhiz ! I've finished my job and published now. https://t.co/KEAkJ6GmMC
@amasawa_seiji 「Python の可視化ライブラリである Seaborn を利用して表現豊かなグラフを生成するためのテクニックを紹介」 /あらゆるデータセットに使える3つの可視化テクニック | Yakst https://t.co/irZ6SeFwMK

Bookmark Comments

id:yarumato “三つの優れた可視化方法 1) Seaborn(Pythonの可視化ライブラリ)を使ったカテゴリー相関のグラフ表現(相関とは) 2)ペアープロット 3)スウォームプロット(カテゴリー単位でプロットされた点群)とグラフ注釈”
id:utwang あとで読みたい
id:msh5_h 今回はデータサイエンス系の記事を積極的に公開されているMLWhiz 氏の記事を翻訳させて頂きました。前回を受けて今回は技術よりな記事を選びたかったのと、門外漢な方でも親しみやすい内容だと思い選びました。

Related Entries

Read more 画像キャプションと動作認識の最前線 〜データセットに注目して〜(第17回ステアラボ人工知能セミナー)
Read more 「HOME'Sデータセット」を活用した不動産物件画像への深層学習の適用の取り組み
Read more NIIとSansan、名刺のデータセット無償提供、画像処理や機械学習の研究に -INTERNET Watch
Read more Deep Learning - Augmentor で画像のデータセットを水増し (オーグメンテーション) する。 - Pynote
Read more 画像における感情表現の理解に向けて 〜 BAM データセットと活用事例の紹介〜 | Research Blog