日本古文書のくずし字、GPU活用したAI技術で自動解析進む | マイナビニュース

NVIDIAは5月20日(米国時間)、公式ブログで、日本の古文書などで使われているくずし字を現代の漢字に転写するため、ディープラーニングを活用したOCRシステムの開発にGPUが活用していると伝えた。GPUは学習トレーニングと推論において不可欠な要素と説明している。

4 mentions: @nufs_SWLA@plusTOMMY@AI_news_nd@bluey67
Date: 2019/05/22 10:10

Referring Tweets

@nufs_SWLA 学問、日々変化しておりますね。例えば、いかにも日本的で難しかったくずし字を経験的に読む(?!)AIが登場した模様。 https://t.co/oB90KgIcsS
@plusTOMMY 日本古文書のくずし字、GPU活用したAI技術で自動解析進む https://t.co/QPGxkPZl6J #マイナビニュース このスキル、人間が苦労して獲得する必要なくなったよね。#世代もだけどAIとも共存 #令和
@AI_news_nd 日本古文書のくずし字、GPU活用したAI技術で自動解析進む >>> https://t.co/GybAEt1JUf #AI #人工知能 #機械学習 #深層学習 #ディープラーニング

Bookmark Comments

id:skam666 “古文書に関して研究者らがディープラーニングモデルのトレーニングを実施(略)最新のニューラルネットワークでは2000を超える文字を認識する(略)文字数が300個未満のより簡単な文書であれば認識精度は95%に達する”