Adobe Research、実物体の前景にデジタルコンテンツ(透明度の調整可能)を合成する実験的なボックス型ディスプレイプロトタイプを発表 | Seamless

Adobe Research、実物体の前景にデジタルコンテンツ(透明度の調整可能)を合成する実験的なボックス型ディスプレイプロトタイプを発表 | Seamless

Adobe Researchチームは、SIGGRAPH 2019で、ボックス内の実際のオブジェクトの前にデジタルコンテンツを表示する初期段階のプロトタイプである「Project Glasswing」を発表しました。

4 mentions: @Yoshi_Hide
Date: 2019/08/08 02:17

Referring Tweets

@Yoshi_Hide 透明ガラスに不透明な動画が乗るのがすごいけど、開放型じゃなくボックス型になってる必要があるのかな t.co/aSPhPS6yhp

Related Entries

Read more SIGGRAPH 2019 Report
0 users, 2 mentions 2019/08/21 02:16
Read more SIGGRAPH 2019 Report
0 users, 1 mentions 2019/08/14 09:46
Read more 3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders (SIGGRAPH Asia 2018) - YouTube
0 users, 0 mentions 2018/12/02 23:31
Read more Technical Papers Preview: SIGGRAPH 2019 - YouTube
0 users, 125 mentions 2019/05/09 02:18
Read more SIGGRAPH Asia 2018勉強会
0 users, 0 mentions 2018/12/03 19:09