AIとビッグデータの関係に変化 「少ないデータで開発」進む | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

高性能な人工知能(AI)を開発するためには、膨大なデータが必要であるとされている。しかし昨今では、少ないデータで効率的にAIを学習させるための研究が相次いで発表されている。マサチューセッツ工科大学(MIT)とIBMの研究チームは、5月に開催

7 mentions: @BeFREE_Natsuo@yugo_yamamoto@YoshihiroSaito@Metal_Oyaji@tontontonton@suwakow@toshi19890331
Date: 2019/08/14 15:00

Referring Tweets

@BeFREE_Natsuo これで個人開発のハードル下がらないものか笑 AIとビッグデータの関係に変化 「少ないデータで開発」進む https://t.co/NkF2ZRA7BU #スマートニュース
@yugo_yamamoto 「エキスパートシステム技法と結合して問題解決」ってそれってルールベースってことに聞こえる。 https://t.co/VEjLXRHxWZ
@YoshihiroSaito これは興味深い。 「エキスパートシステム」と「機械学習」の組み合わせで実現してるらしい。 AIとビッグデータの関係に変化 「少ないデータで開発」進む https://t.co/vq2Kq3xERF

Bookmark Comments

id:name-25137412 "「AI開発の競争力すなわちデータ量」というテーゼを覆していくことは、より多くの国、また中小企業や個人にAI開発の門戸を広げていくことにつながるだろう" ふむ
id:misshiki “「Neuro-Symbolic Concept Learner(NSCL)」という新しい人工知能を公開した。これは、これまで異なるアプローチであるとされてきた「エキスパートシステム」と「機械学習」の技法を組み合わせたものとなる。”