人工知能学会 第111回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)

主査: 瀧川 一学 幹事: 井 智弘,大久保 好章,杉山 麿人,戸田 貴久,西野 正彬 担当幹事: 杉山 麿人,西野 正彬 下呂市民会館 大会議室 〒509-2202 岐阜県下呂市森801−10 https://www.city.gero.lg.jp/jichimaru_jpn/departmentTop/node_1077/node_1125/node_50661 統計的関係学習 (Statistical Relational Learning) は機械学習の一分野であり,不確実性と 複雑な離散構造とを併せ持つ問題領域のモデル化,および問題解決を目指して研究が 進められています.統計的関係学習に関する研究は20年以上の歴史をもち, これまで確率論理プログラムやMarkov Logic Networkなどの様々な有用なモデルが 提案されてきました.さらに近年は知識グラフ埋め込みやGraph Neural Network, 微分可能な論理プログラムなどの関係を扱うモデルが提案され,より一層の注目を集めています. 今回の研究会では統計的関係学習をテーマとして取り上げ

2 mentions: @joisino_@m_ishihata
Date: 2020/01/23 05:20

Referring Tweets

@m_ishihata 招待講演2の佐藤君@京大ってM1やんけ! M1で招待講演とはすごいな。 t.co/QplADau76T
@joisino_ 来週開催される人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)とアルゴリズム研究会(SIG-AL)の合同研究会にて招待講演させていただきます。よろしくお願いします🙇‍♂️ t.co/gfl8AmpZZ0 t.co/c11SEx5Gdi