機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI | fabcross

機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI | fabcross

南カリフォルニア大学ビタビ(Viterbi)工学部の研究チームは、機械学習を活用して、3Dプリンターによる造形品質を向上させる技術を開発した。造形物の精度を50%以上改善することに成功し、より経済的でサステナブルな方法として期待できる。

23 mentions: @fabcrossjp@Jsiron2029@chubchubkun@EP1070S_oitR@Renaultalfa@kitabaru@natu_n
Keywords: 機械学習
Date: 2020/03/26 05:20

Referring Tweets

@chubchubkun 3Dプリント×機械学習。素材の膨張などの癖を学習させる事で精度を上げるらしい。小脳的な使い方ですね。少ないデータで補正できるらしい。誤差の出る工程が素材の特性に絞れるからかもしれない。 t.co/8CAav732oo
@natu_n 失敗したって良く聞くのでこれは朗報。失敗したの上手くリサイクル出来ればなお良いのに t.co/DM61hgrqEh

Bookmark Comments

Related Entries

Read more From models of galaxies to atoms, simple AI shortcuts speed up simulations by billions of times | Sc...
1 users, 0 mentions 2020/02/12 14:35
Read more A Crash Course in Game Theory for Machine Learning: Classic and New Ideas
1 users, 0 mentions 2020/02/27 13:29
Read more Deep Learning Algorithms - The Complete Guide | AI Summer
1 users, 0 mentions 2020/02/26 00:00
Read more TensorFlow in Practice | CourseraListLoupe CopyLoupe CopyLoupe CopyFilled StarFilled StarFilled Star...
1 users, 4 mentions 2020/03/12 18:51
Read more 日本のAI人材を支援するメディアパートナー | AI-SCHOLAR.TECH
1 users, 0 mentions 2020/04/01 11:11