Weekly Kaggle News #28 | Revue

Weekly Kaggle News #28 | Revue

News文部科学省は23日、新学習指導要領に対応した高校の「情報」の教員研修用教材を公開しました。「情報Ⅱ」の「第3章 情報とデータサイエンス後半」では機械学習が題材となっており、決定木による分類の項目ではKaggleのTitanicも登場しています。株式会社Preferred Networksは19日、特徴量エンジニアリングのライブラリ「xfeat」を公開しました。いくつかの頻出の処理が含まれており、主に同社が開発する最適化ツール「Optuna」を用いた特徴量選択の手法も実装されています。Competitions「RecSys Challenge 2020」の最終結果が23日に発表されました。1位は優秀なKagglerが大量に在籍しているNVIDIAのRAPIDSチームで、3位には日本からWantedyチームが入りました。推薦システムに関する国際会議「ACM Recommender Systems conference (RecSys)」で毎年開催されているコンペで、今年はツイートへのユーザのエンゲージメントを予測するタスクでした。具体的な内容については、Wantedlyや11位の方が

2 mentions: @upura0@tom_blogg
Keywords: kaggle
Date: 2020/06/30 15:52

Referring Tweets

@tom_blogg 新学習指導要領で高3から機械学習うらしくて、猛烈に焦りを感じる。。年下に負ける未来しか見えない。>< t.co/27rGOnGOlu

Related Entries

Read more 2019年度春 | Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)
0 users, 4 mentions 2020/01/31 03:51
Read more [2002.12277] CATA++: A Collaborative Dual Attentive Autoencoder Method for Recommending Scientific A...
0 users, 1 mentions 2020/02/29 03:51
Read more Weekly Kaggle News #15 | Revue
0 users, 1 mentions 2020/03/27 05:21
Read more Propaganda Detection – Harish Tayyar Madabushi
0 users, 1 mentions 2020/03/29 03:50