子供の言語獲得と機械の言語獲得

子供の言語獲得と機械の言語獲得

2016/03/17にPFIセミナーで話したスライドです。子供の言語獲得に関する非常に基本的な話と、関係しそうな機械学習の技術を紹介しました。素人なりのまとめなので、間違いなどご指摘いただけると助かります。

39 mentions: @nwiizo@stilllife@a_know@guanfacin@asuraneko@ma_anago@edeyir@mk_sekibang
Date: 2020/07/27 23:21

Referring Tweets

@asuraneko 感覚と理屈の橋渡しは、いつ、どうやって成功するだろうかねぇ。個別事例の分析は、言ってみれば構造主義的アプローチってことになると思うが、そっちじゃないような気がする。(適当) t.co/LZYssrrHnb
@ma_anago t.co/5ZkDwff5CT 子供は色、形、匂いとか五感のインタフェースを使って言葉を習得するから、他次元的にアノテーションすれば時間的な学習コストは削れるのかもしれないな。でも計算コストは増えるなあ。。
@napsucks t.co/RUaEmKlbbV これを読んでちょうどそのことを思い出した。我々の認知システムには生来のバイアスが組み込まれている / 他3件のコメント t.co/EM7cDYHZIP “みにくいアヒルの子の定理(Ugly Duckling theorem)とは?:AI・機械学習の用語辞典 - @IT” t.co/daTwXiyn0o
@shino_kaneco 参考資料に今井むつみさんの言葉をおぼえるしくみが!! t.co/IFOSMFKqtj
@guanfacin おっっもしろい t.co/WmKCCmEK5u

Related Entries

Read more 機械学習を学習する  |  Cloud AI  |  Google Cloud
0 users, 101 mentions 2019/09/14 05:20
Read more リアルタイムログ分析基盤のAWS-_GCP移行話 - Speaker Deck
0 users, 28 mentions 2020/06/26 18:52
Read more リアルタイムログ分析基盤のAWS-_GCP移行話 - Speaker Deck
0 users, 31 mentions 2020/07/02 21:53
Read more Amazon Aurora(PostgreSQL)にてパーティションテーブルを活用した大量データを取り扱うDBの構築と実運用 - ZOZO Technologies TECH BLOG
0 users, 5 mentions 2020/07/21 02:00