BIT VALLEY 2020 - AI x IoT活用サービスの立ち上げ・拡販のための取り組み - Speaker Deck

BIT VALLEY 2020 - AI x IoT活用サービスの立ち上げ・拡販のための取り組み - Speaker Deck

https://2020.bit-valley.jp/session/352 #bitvalley2020

1 mentions: @xecus
Date:

Referring Tweets

@xecus
@xecus 本日登壇させて頂いた資料をこちらに格納しました! 20分で60スライドあったので、20秒に1回はめくってたっぽい。 BIT VALLEY 2020 - AI x IoT活用サービスの立ち上げ・拡販のための取り組み t.co/d2ag431ZHm #bitvalley2020

Related Entries

GitHub - kenziyuliu/MS-G3D: PyTorch implementation of "Disentangling and Unifying Graph Convolutions...
Read more GitHub - kenziyuliu/MS-G3D: PyTorch implementation of "Disentangling and Unifying Graph Convolutions...
0 users, 1 mentions 2020/07/18 06:52
「ABEJA Platform」が活用された追加学習機能が、株式会社サイバーエージェントの提供する「AI feed designer Plus(エーアイ フィード デザイナー プラス)」で実装開始 |...
Read more 「ABEJA Platform」が活用された追加学習機能が、株式会社サイバーエージェントの提供する「AI feed designer Plus(エーアイ フィード デザイナー プラス)」で実装開始 |...
0 users, 1 mentions 2020/10/30 01:34
TTS Skins: Speaker Conversion via ASR - Speaker Deck
Read more TTS Skins: Speaker Conversion via ASR - Speaker Deck
0 users, 1 mentions 2020/11/20 05:21
個人のプライバシーとAI 〜ABEJA倫理委員会「Ethical Approach to AI」の議論から(下)〜|テクプレたちの日常 by ABEJA|note
Read more 個人のプライバシーとAI 〜ABEJA倫理委員会「Ethical Approach to AI」の議論から(下)〜|テクプレたちの日常 by ABEJA|note
0 users, 1 mentions 2021/07/30 04:39
OBD2 x RaspberryPiで車両情報を蓄積&BIで分析できるようにする - Speaker Deck
Read more OBD2 x RaspberryPiで車両情報を蓄積&BIで分析できるようにする - Speaker Deck
0 users, 1 mentions 2022/01/28 06:09

ML-Newsについて

機械学習の技術に関する情報は流速も早いし、分野も多様でキャッチアップが大変です。Twitterで機械学習用のリストを作っても、普段は機械学習以外の話題が多く流れており、効率的に情報収集するのは困難です。

ML-NewsはSNSを情報源とした機械学習に特化したニュースサイトです。機械学習に関する論文ブログライブラリコンペティション発表資料勉強会などの最新の情報を効率的に収集できます。

機械学習を応用した自然言語処理、画像認識、情報検索などの分野の情報や機械学習で必要になるデータ基盤やMLOpsの話題もカバーしています。
安定したサイト運営のためにGitHub sponsorを募集しています。

お知らせ

  • 2021/12/31: デザインを刷新しました
  • 2021/04/08: 日本語Kaggleのカテゴリを新設しました