Neural Network Potentialを用いたタンパク-薬剤結合自由エネルギー計算の改善 | Preferred Networks Research & Development

Neural Network Potentialを用いたタンパク-薬剤結合自由エネルギー計算の改善 | Preferred Networks Research & Development

本記事は、2020年インターンシップで勤務した富田篤弘さんによる寄稿です。 はじめに PFN2020夏季インターンに参加させていただいた、東京大学博士2年の富田篤弘です。研究室では、クライオ電子顕微鏡を用いたタンパク質の単粒子構造解析と立体構造を用いた分子動力学 (MD)

7 mentions: @preferred_jp@mt03kkk18wu@biochem_fan@Yasufumi_Nakata
Date: 2020/11/20 04:01

Referring Tweets

@preferred_jp 【2020インターンブログ】インターンの富田さんによる寄稿です。タンパク-薬剤の結合自由エネルギー計算を、古典的な分子動力学法と機械学習ポテンシャルを組み合わせて改善する研究を行っていただきました。本記事では研究に関連した論文を解説しています。t.co/fwWqq6lYSO

Related Entries

Read more 機械学習自動モデル構築「ナレコムAI」クラウドストレージに対応した機能拡充|株式会社ナレッジコミュニケーションのプレスリリース
0 users, 5 mentions 2020/06/01 02:21
Read more GitHub - pytorch/serve: Model Serving on PyTorch
1 users, 2 mentions 2020/06/26 17:21
Read more ACL 2020のハイライト | AI専門ニュースメディア AINOW
2 users, 7 mentions 2020/08/16 22:00
Read more ACL 2020のハイライト | AI専門ニュースメディア AINOW
0 users, 8 mentions 2020/08/16 22:00
Read more Extreme Pointを使った擬似セグメンテーションラベルの生成 | Preferred Networks Research & Development
0 users, 2 mentions 2020/10/29 08:55