フーリエ変換を用いたテクスチャ解像度推定とその応用

フーリエ変換を用いたテクスチャ解像度推定とその応用

CEDEC2015の発表資料です。 PDF書き出しの際に画像の品質が 劣化していますがご容赦ください。 分析コア、とても単純ですがgithubに公開しました。 https://github.com/nikq/fourierGraph

1 mentions: @sh19910711
Date: 2021/05/01 03:19

Referring Tweets

@sh19910711 "良いテクスチャ度を計測 / 画像の内容を十分表すために必要な最小の解像度 > グラフの傾きが1/Fラインから変化する点 / 良い画像、特に自然画像はなぜかこのラインと同じ傾きになる > これは写真もテクスチャも同じ傾向" / “フーリエ変換を用いたテクスチャ解像度推定と…” t.co/ck0R1bYNLG

Bookmark Comments

Related Entries

Read more 高次元データの次元削減および2次元プロット手法 - Qiita
49 users, 1 mentions 2020/10/11 08:22
Read more 負の二項分布について
8 users, 1 mentions 2020/10/17 03:51
Read more はじめてのGraph Convolutional Network - Speaker Deck
18 users, 1 mentions 2020/11/28 03:51
Read more Rで学ぶ 傾向スコア解析入門 - 無作為割り当てが出来ない時の因果効果推定 -
24 users, 1 mentions 2020/12/19 03:52
Read more 条件付確率場とベイズ階層言語モデルの統合による半教師あり形態素解析(NPYCRF) – ご注文は機械学習ですか?
2 users, 1 mentions 2021/01/16 03:51