血糖値の数理シミュレーション - 大阪大学医学部 Python会 <span style="font-size:smaller;">(情報医科学研究会)</span>

大阪大学医学部 Python会 p Now is better than never. 概要¶ ・薬理学で、1コンパートメントモデルや2コンパートメントモデルといった薬物動態の数理モデルを習います。これは薬物の吸収、分布、代謝、排泄をモデル化したものでしたが、拡張すれば臓器の反応も考慮に入れることが可能です。今回は、拡張したモデルの例として、血糖値と、それに反応して分泌される血中インスリン濃度を予測する数理モデルを、pythonによるシミュレーションを使って紹介します。 ・血糖値の数理モデルは、血糖値の動的挙動の理解や、糖尿病における血糖値の制御の必要性から、長年研究されてきました。[1]によれば、多くの血糖値の数理モデルは、Ackerman、Bolie、Wuの3人の数理モデルを出発点としています。今回は、数式が直観的に理解しやすく、シンプルなBolieのモデルでシミュレーションします。 数理モデル¶ ・Bolieのモデルは、以下の通りです[2](分かりやすいように表記を改変)。 ・ここで、I(t)は時刻tの血中インスリン濃度 [unit/L]、pはインスリン投与量 [u

3 mentions: @sun_ozon@KLS_341@sun_ozon
Keywords: python
Date: 2021/05/04 10:49

Referring Tweets

@sun_ozon 阪大 python会がいい記事だしてますね。Boileモデルの数値シミュレーションはこれでよいとして、Bergmanのモデルも触りたいところ。 t.co/Gs1iKgyeDZ

Related Entries

Read more Joel Grus – Fizz Buzz in Tensorflow
119 users, 9 mentions 2021/01/17 11:21
Read more 石油タンクの検出精度をUP!?GANを使って衛星データを水増ししてみた | 宙畑
0 users, 2 mentions 2021/02/24 02:22
Read more Nilearn: Statistical Analysis for NeuroImaging in Python — Machine learning for NeuroImaging
0 users, 2 mentions 2021/03/10 21:52
Read more Welcome to tkasasagi’s website | Welcome to tkasasagi’s homepage.
6 users, 7 mentions 2021/03/16 14:22
Read more Momo改造版を使ってRasPi Zero W+GPUマシンで画像処理をしてみる
0 users, 1 mentions 2021/04/20 01:49