Data of Data Scientist シリーズ vol.15『54%-学生におけるデータサイエンティストの認知度。地域による差が大きい』 | Data Scientist Society Journal

Data of Data Scientist シリーズ vol.15『54%-学生におけるデータサイエンティストの認知度。地域による差が大きい』 | Data Scientist Society Journal

データサイエンティスト協会では、2020年に学生向けにデータサイエンティストに関するアンケート調査を実施いたしました。今回は、学生のデータサイエンティストの認知実態について考察します。 アンケートでは、データサイエンティストのほかに、システムエンジニアやコンサルタントなど5つの職種についての認知度を調査いたしました。その結果、データサイエンティストの認知度はその5つの職種で最も低い結果となりました。 「確かに知っている」は9%ほどとなり、知っている学生は54%ほどに留まります。システムエンジニアやコンサルタントと比べると認知度に大きな開きがあることが分かります。データサイエンティストという言葉・職種自体がここ10年内に出始めていることもあり、まだまだその認知が学生全体には知れ渡っていない状況にあると推察されます。 学生全体のデータサイエンティスト認知度は最も低い結果となりましたが、学生はどこでデータサイエンティストを知るようになっているのでしょうか。学生全体では、テレビやインターネットなどを通じてデータサイエンティストの認知が図られていますが、「確かに知っている」学生では、“大学の先生”や“本・雑誌”、また“就職説明会”などを通じても認知されるようになっています。ゼミに参加することで大学の先生からその存在を知り、また学びの中で書籍から情報を得ていると思われます。また企業においては、AIやDX、データ利活用と言ったワードが使われるようになり、就職活動の企業研究を進める中で知り始めていると考えられます。 当協会では2019年に九州支部を設立するなど、首都圏などに限らず、データサイエンティストの活躍の場を広げようとしています。しかしながら、学生における地域別の認知度の差は大きいことが分かりました。最も認知度が高いのは1都3県となっており、70%弱の学生が知っています。一方で東海地方では30%ほど、九州・沖縄地方では45%ほどの学生でしか認知されておらず、地域差が如実に表れています。大学においては、データサイエンス学部の設立やデータサイエンスへの取り組みが活発化しており、今後はそうした取り組みからデータサイエンティストの全体の認知度は向上することが想定されます。しかしながら、単なる大学だけの取り組みだけでこうした地域差が縮まるでしょうか。大学だけの取り組みだけではなく、

Date: 2021/06/10 09:48

Bookmark Comments

Related Entries

Read more Juliaで学ぶ確率ロボティクス~センサデータの概要把握~ - EurekaMoments
1 users, 2 mentions 2021/03/28 15:27
Read more PyTorch 1.8.1で入ったPyTorch Profilerを使ってみた - まったり勉強ノート
5 users, 3 mentions 2021/04/02 23:25
Read more 【記事更新】私のブックマーク「深層ベイズ学習と音環境理解」 – 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence)
3 users, 2 mentions 2021/05/06 07:49
Read more Masking-AI | 映像データ自動マスキングAI
0 users, 3 mentions 2021/05/24 07:48
Read more NumPy / Pandas / Matplotlib / scikit-learn などの理解度確認ができる「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」に合格した - kakakakakku ...
4 users, 2 mentions 2021/05/31 23:47

ML-Newsについて

ML-Newsは機械学習に関するニュースサイトです。機械学習に関する論文ブログライブラリコンペティション発表資料勉強会などの最新の情報にアクセスできます。

機械学習を応用した自然言語処理、画像認識、情報検索などの分野の情報や機械学習で必要になるデータ基盤やMLOpsの話題もカバーしています。
安定したサイト運営のためにGitHub sponsorを募集しています。

お知らせ