スタディサプリでのBigQuery移管と実践的活用術 / meetup_kittaka - Speaker Deck

スタディサプリでのBigQuery移管と実践的活用術 / meetup_kittaka - Speaker Deck

2022/01/27_スタディサプリのデータ基盤を支える技術 2022 -RECRUIT TECH MEET UP #3-での、橘高の講演資料になります

8 mentions: @AntiBayesian@toitech@shnagai@takhirata@takhirata
Keywords: BigQuery
Date:

Referring Tweets

@AntiBayesian
@AntiBayesian スタディサプリのデータ基盤の話 t.co/xgL5tqkoc7 t.co/2HV25W0wrS 良記事。目新しい何かは特に無いが「よくあるオブよくある」困難に対して「よくあるオブよくある」対処法できっちり仕留めていくお手本。これから基盤作る・刷新しようと思う方は一読しておくと全体の流れがわかる
@toitech
@toitech 発表資料②はこちらになります〜 / スタディサプリでのBigQuery移管と実践的活用術 t.co/QjejgU6YIn #Rtech
@shnagai
@shnagai がっつりデータ基盤整えていて参考になる。cloud composerにがっつり寄せてフロー作るのもありだな〜 スタディサプリでのBigQuery移管と実践的活用術 / meetup_kittaka t.co/5EzrOm9Ie0
@takhirata
@takhirata Hive(60min)→BQ(1min)でクエリとかマートとかが(ほぼ)同じ(またはBQ固有の何かを使ったからこそ改善できた)状態での結果なのか、周辺の改善も込みの結果なのかは気になる… t.co/VCJsIuofrM
@takhirata
@takhirata これは素晴しいな… t.co/VCJsIuofrM

Related Entries

[2002.06746] Learning Individually Fair Classifier with Path-Specific Causal-Effect Constraint
Read more [2002.06746] Learning Individually Fair Classifier with Path-Specific Causal-Effect Constraint
0 users, 1 mentions 2021/12/29 09:09
定性調査と定量分析をMixする、Mixed methodsの活用事例と有効性 #pmconf2021 - Speaker Deck
Read more 定性調査と定量分析をMixする、Mixed methodsの活用事例と有効性 #pmconf2021 - Speaker Deck
10 users, 7 mentions 2021/11/08 01:37
GitHub - microsoft/dowhy: DoWhy is a Python library for causal inference that supports explicit mode...
Read more GitHub - microsoft/dowhy: DoWhy is a Python library for causal inference that supports explicit mode...
11 users, 1 mentions 2021/11/29 06:08
フリーランスのデータアナリストを1年やってみて - Data Analystのメモ帳
Read more フリーランスのデータアナリストを1年やってみて - Data Analystのメモ帳
0 users, 1 mentions 2021/12/31 09:14
Microservice, Data, and Data Mesh - Speaker Deck
Read more Microservice, Data, and Data Mesh - Speaker Deck
2 users, 2 mentions 2022/02/17 07:37

ML-Newsについて

機械学習の技術に関する情報は流速も早いし、分野も多様でキャッチアップが大変です。Twitterで機械学習用のリストを作っても、普段は機械学習以外の話題が多く流れており、効率的に情報収集するのは困難です。

ML-NewsはSNSを情報源とした機械学習に特化したニュースサイトです。機械学習に関する論文ブログライブラリコンペティション発表資料勉強会などの最新の情報を効率的に収集できます。

機械学習を応用した自然言語処理、画像認識、情報検索などの分野の情報や機械学習で必要になるデータ基盤やMLOpsの話題もカバーしています。
安定したサイト運営のためにGitHub sponsorを募集しています。

お知らせ

  • 2021/12/31: デザインを刷新しました
  • 2021/04/08: 日本語Kaggleのカテゴリを新設しました