KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 - u++の備忘録

KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 - u++の備忘録

今回は、KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」を紹介します。Rでの実装は公開されていますが、Pythonでの実装は確認できなかったので、自前のPython実装も公開しています。github.com アルゴリズムの概要 Pythonでの例 可視化のためのパッケージ読み込み サンプルデータの生成 可視化 K近傍を用いた特徴量抽出 可視化 iris での例 追記20180624 実装の修正 はてなホットエントリ入り アルゴリズムの概要 近傍数を、分類するクラス数をとした場合に、アルゴリズムは個の特徴量を生成します。生成される特徴量は下記のように、観測値と各…

Date: 2018/06/23 23:13

Related Entries

Read more Kaggle Tokyo Meetup #5 - 資料一覧 - connpass
92 users, 13 mentions 2018/12/02 23:31
Read more データ分析コンテストの
勝者解答から学ぶ - Speaker Deck
310 users, 0 mentions 2018/12/20 13:54
Read more KaggleのCTR予測コンペで上位10%に入るまでの試行錯誤 - yasuhisa's blog
246 users, 0 mentions 2018/03/18 03:40
Read more 機械学習で泣かないためのコード設計 2018
96 users, 4 mentions 2019/03/01 00:47
Read more 最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
161 users, 28 mentions 2019/03/28 12:48