Please select a label
今どきのLinux事情 - Speaker Deck

とりとめない話ですが、今どきのLinuxのパッケージングの種類とSteamDeckから一気に改善されたDirectX 周りの話です。社内の勉強会で共有した資料

1240 users, 177 mentions 2022/06/30 19:37
データエンジニアと作るデータ文化 - Speaker Deck

オープンセミナー広島2022での登壇資料です。

69 users, 18 mentions 2022/06/26 09:09
[JSAI2022] 広告文自動生成に関する最近の研究動向 - Speaker Deck

JSAI2022の発表資料です。 村上聡一朗, 星野翔, 張培楠, "広告文自動生成に関する最近の研究動向", 2022年度 人工知能学会全国大会 (第36回) (2022.6)

46 users, 16 mentions 2022/06/14 09:09
Overview of The Modern Data Stack / モダンデータスタック概論 - Speaker Deck

More Decks by satoshihirose See All by satoshihirose Other Decks in Programming See All in Progra...

46 users, 14 mentions 2022/06/07 01:37
Optimal Transport for Natural Language Processing - Speaker Deck

最適輸送と自然言語処理 2022-03-14, 言語処理学会 第28回年次大会でのチュートリアルで利用したスライドです

48 users, 9 mentions 2022/06/24 03:09
より良いTransformerをつくる - Speaker Deck

2022年6月 名古屋地区NLPセミナーでのトーク

43 users, 14 mentions 2022/06/07 10:40
Dive into XGBoost - Speaker Deck

A naive explanation of Boosting family. If you find something wrong or have a question, please let...

48 users, 1 mentions 2022/07/03 09:09
検索結果の品質向上 - Speaker Deck

2017年4~5月開催「ブートキャンプ特別講座」の資料になります。

41 users, 0 mentions 2022/06/08 01:37
Introduction to MLOps - Speaker Deck

MLSE 夏合宿 2022 3 日目基調講演の資料です。 リンクをそれぞれのスライドのフッターにつけていますので、引用元は PDF をダウンロードすると確認できます。

31 users, 7 mentions 2022/07/02 04:37
強化学習「理論」入門 - Speaker Deck

2022年度 TopSE「機械学習概論」コースの一部として使用した講義資料です。 https://www.topse.jp/ja/curriculum-lectures.html

9 users, 5 mentions 2022/06/06 22:39
機械学習システムアーキテクチャ入門 #1 - Speaker Deck

機械学習システムのアーキテクチャを検討する上で考慮すべき課題について調査しまとめた資料です。Money Forward 社内で開かれた MLOps についての勉強会のために作成しました。 ## Re...

8 users, 4 mentions 2022/06/18 16:37
言語処理ライブラリ開発における失敗談 / NLPHacks - Speaker Deck

NLP Hacks Vol.5 での発表スライドです。

5 users, 2 mentions 2022/06/08 10:38
データエンジニアリングの潮流を俯瞰する - Speaker Deck

2022/06/17 Engineers in CARTA vol.3 #データエンジニアリングの発表資料です

4 users, 2 mentions 2022/06/18 06:09
Counterfactual Explanationsで機械学習モデルを解釈する / TokyoR99 - Speaker Deck

2022年6月4日に行われた、第99回R勉強会@東京(#TokyoR)での発表資料です。 https://tokyor.connpass.com/event/249096/ 資料で使っているRコー...

2 users, 2 mentions 2022/06/04 07:37
忙しい人のための WWDC 2022 Keynote - Speaker Deck

More Decks by Roku See All by Roku Featured See All Featured

1 users, 3 mentions 2022/07/02 16:37
Accelerated Computing for NLP on AWS - Speaker Deck

AWS で自然言語処理を高速化する方法 2022年言語処理学会のAWSスポンサーセッションで発表しました

1 users, 2 mentions 2022/07/01 13:38
全文検索 完全に理解した - Speaker Deck

2020年6月25日にEasy Easyというエンジニアのコミュニティが主催したオンラインLTイベントにおいて、全文検索の仕組みの概要についてお話した際の資料です。 LTの動画(スライド画面+音声)...

2 users, 0 mentions 2022/06/05 01:37
Spatial Cross Validation with R - Speaker Deck

Tokyo.R#74 Lightning Talk 地理空間データの交差検証、正しくできていますか? Reproducible code is here: https://github.com/uri...

1 users, 1 mentions 2022/06/22 01:37
Tokyo.R RStudioでグラフをちょっときれいに出力する - CairoとAGG - - Speaker Deck

RStudioでグラフを描く際、グラフィック・デバイスをCairoやAGGに設定すると、アンチエイリアスの効いたキレイなグラフを出力できます。 RMarkdownでも使えます。 # TokyoR

0 users, 2 mentions 2022/06/04 09:09
Tokoy.R #99 パーマーステーションのペンギンたち #1 - Speaker Deck

Rのpalmerpenguinsパッケージの紹介。

0 users, 2 mentions 2022/06/04 04:37
論文紹介 / GeoDiff: A Geometric Diffusion Model for Molecular Conformation Ge...

第10回 全日本コンピュータビジョン勉強会 生成モデル縛り論文読み会 にて、 "GeoDiff: A Geometric Diffusion Model for Molecular Confor...

0 users, 1 mentions 2022/06/12 12:08
統合データ基盤構築 ~dbt導入とセットで考える GCPプロジェクト構成とIAM管理 - Speaker Deck

株式会社アイスタイルでは統合データ基盤を構築していく上で、パイプラインの開発としてdbtの導入を検討しています。 dbtの技術調査をしていく過程で、GCPのプロジェクトの構成やIAM管理もセットで見...

0 users, 1 mentions 2022/06/10 06:09
Generating a Pairwise Dataset for Click-through Rate Prediction of News Art...

Presentation slide used in 2022 Computation + Journalism Conference https://cj2022.brown.columbia.ed...

0 users, 1 mentions 2022/06/10 22:37
論文紹介/5 papers at 75. Bias and Ethics (CHI 2022) - Speaker Deck

CHI勉強会2022、75. Bias and Ethicsセッションの5本の論文紹介です。 各論文1枚・全体で3分の発表時間のため、かなり簡略化された資料となっています。 https://pgl.j...

0 users, 1 mentions 2022/06/24 12:09
AlloyDB のデータ分析基盤での活用におけるポテンシャルとは?

2022/6/8 Data Analytics / Database OnAir https://cloudonair.withgoogle.com/events/solution-data-ana...

1 users, 0 mentions 2022/06/24 00:10
機械学習システムのアーキテクチャとデザインパターン - Speaker Deck

鷲崎弘宜, "機械学習システムのアーキテクチャとデザインパターン", 第5回機械学習工学研究会(MLSE夏合宿2022), 2022

0 users, 1 mentions 2022/07/02 15:09
データチームの境界を考える - Speaker Deck

ナウキャストのストリームアラインドチームと, チームAPIとしてのdbt導入の取り組みについて紹介しています.

0 users, 1 mentions 2022/06/18 04:37
3つのXRコミュニティを立ち上げて気づいた3つの知見 - Speaker Deck

コミュニティ運営技や課題の共有!コミュニティ運営勉強会!#8 https://comucal.connpass.com/event/249976/ にLT登壇したときの資料になります。

0 users, 1 mentions 2022/06/13 13:37
リアルタイムボイスチェンジャーMMVCとVITSの紹介 - Speaker Deck

MMVCというオープンソースのリアルタイムボイスチェンジャーと、そのエンジン部分であるVITSというディープラーニングを利用したTTS音声生成手法について、紹介と解説をしました。 NSEG + JA...

0 users, 1 mentions 2022/06/27 10:37
[Nishika] Patent_tmsbir_1st Solution - Speaker Deck

More Decks by Nishika-Inc See All by Nishika-Inc Featured See All Featured

0 users, 0 mentions 2022/06/15 01:37

ML-Newsについて

機械学習の技術に関する情報は流速も早いし、分野も多様でキャッチアップが大変です。Twitterで機械学習用のリストを作っても、普段は機械学習以外の話題が多く流れており、効率的に情報収集するのは困難です。

ML-NewsはSNSを情報源とした機械学習に特化したニュースサイトです。機械学習に関する論文ブログライブラリコンペティション発表資料勉強会などの最新の情報を効率的に収集できます。

機械学習を応用した自然言語処理、画像認識、情報検索などの分野の情報や機械学習で必要になるデータ基盤やMLOpsの話題もカバーしています。
安定したサイト運営のためにGitHub sponsorを募集しています。

お知らせ

  • 2021/12/31: デザインを刷新しました
  • 2021/04/08: 日本語Kaggleのカテゴリを新設しました