Please select a label
Pythonで理解するディープラーニング入門 - Speaker Deck

ディープラーニングの仕組みを理解するための一番のポイントは「損失関数」と「勾配降下法」の考え方です。本講演では、線形回帰モデルを題材に、この2つの考え方についてPythonのコーディングも含めた形で説...

327 users, 0 mentions 2022/11/28 13:38
ぼくのかんがえる最高のデータ分析基盤 / strongest-data-architecture-discussion - Speaker Deck

# みんなの考えた最強のデータアーキテクチャ https://datatech-jp.connpass.com/event/258157/ ## イベント説明 datatech-jpで集ったデー...

189 users, 1 mentions 2022/11/02 13:37
研究のやり方,論文の書き方 - Speaker Deck

IBIS2022若手交流企画で用いた資料です.企画担当者の梶野の考える研究のやり方を紹介しています.研究に対する考え方の一例として参考になれば幸いです.

34 users, 7 mentions 2022/11/19 13:37
Teslaにおけるコンピュータビジョン技術の調査 (2)

9/30に開催されたTesla AI Day 2022から、主にコンピュータビジョン技術に関する部分をまとめた資料です

26 users, 5 mentions 2022/11/24 09:09
小さなチームの勉強会 - Speaker Deck

メタ勉強会 ~ 社内勉強会うまくいってる? の発表資料です https://atnd.org/events/70977

22 users, 0 mentions 2022/11/04 01:37
Pythonライブラリ"DoWhy"を用いた因果推論 - Speaker Deck

2022/09/24のLT資料です。統計的因果推論のためのPythonライブラリ"DoWhy"についてLTしました。

9 users, 0 mentions 2022/11/06 07:37
統計的因果探索とAI - Speaker Deck

2022年11月10日 脳病態数理・データ科学セミナー

3 users, 4 mentions 2022/11/10 13:38
StableDiffusion 再学習法 - Speaker Deck

第二回創作+機械学習LT会での発表スライドです。

2 users, 2 mentions 2022/11/05 03:09
データビジネスにおける実践的dbt活用例 - Speaker Deck

2022/11/11(金)に実施した「データビジネスにおけるdbtの活用事例 〜Ubie、LayerX、10X〜」の発表資料です。 ※埋め込みでの閲覧の際はフォントが少し崩れるようです。 https:...

1 users, 2 mentions 2022/11/11 12:09
dbtを中心に据えた データ分析とプロダクト開発 - Speaker Deck

More Decks by Osuke See All by Osuke Other Decks in Technology See All in Technology Featured S...

1 users, 2 mentions 2022/11/11 12:09
動作認識の最前線:手法,タスク,データセット

動作認識の最前線:手法,タスク,データセット 精密工学会 画像応用技術専門委員会, 2022年度第4回定例研究, 2022/11/18

0 users, 2 mentions 2022/11/18 07:37
Federated Learning Tutorial (IBIS 2022) - Speaker Deck

米谷, "Federated Learningにおける典型的な課題と最近の展開" 第25回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS 2022)チュートリアル資料

1 users, 1 mentions 2022/11/18 07:37
TeachAugment: Data Augmentation Optimization Using Teacher Knowledge (CVPR...

社内の勉強会での発表資料です CVPR '22のOral採択の論文、"TeachAugment: Data Augmentation Optimization Using Teacher Knowle...

0 users, 2 mentions 2022/11/10 01:38
最強?のデータ組織アーキテクチャ - Speaker Deck

みんなの考えた最強のデータアーキテクチャ(https://datatech-jp.connpass.com/event/258157/ )にて発表した資料です!! 今回は時間がありませんでしたが, ...

1 users, 1 mentions 2022/11/11 06:09
PyTorchの最近の動向 - Speaker Deck

2022/11/26 Machin Learning 15minutesでの資料です。

1 users, 1 mentions 2022/11/26 10:37
Attentionさえあればいい - Speaker Deck

More Decks by payanotty See All by payanotty Other Decks in Technology See All in Technology Fea...

1 users, 1 mentions 2022/11/06 22:37
Compositional Evaluation on Japanese Textual Entailment and Similarity (JSI...

谷中瞳, Compositional Evaluation on Japanese Textual Entailment and Similarity (JSICK:構成的推論・類似度データセットSI...

0 users, 1 mentions 2022/10/31 09:09
Looker や Dataform など、Modern Data Stackを用いてデータ活用の負を改善する(していく)話 / techplay221...

2022/11/01_リクルートが考える『意思決定に効くデータマネジメント』~アナリティクスエンジニア組織の立ち上げと事例紹介~での、林田の講演資料になります

0 users, 1 mentions 2022/11/01 12:09
Transformer / Vision and Languageの基礎 - Speaker Deck

More Decks by Masanori Suganuma See All by Masanori Suganuma Other Decks in Research See All in R...

1 users, 0 mentions 2022/11/01 04:37
TensorFlow XLA とハードウェア

2017年9月30日(土)のChainer Meetup #6での発表資料 https://chainer.connpass.com/event/65093/

1 users, 0 mentions 2022/11/12 04:37
End-To-End MLOps Platform at LINE - Speaker Deck

Sun Hyeong Hong (LINE Plus / MLU Core TF / Platform Product Manager) https://tech-verse.me/ja/sessi...

0 users, 1 mentions 2022/11/22 04:37
dbt Coalesce 2022 に見る、アナリティクスエンジニアへの期待とその可能性 / techplay221101_01_yamabe - S...

2022/11/01_リクルートが考える『意思決定に効くデータマネジメント』~アナリティクスエンジニア組織の立ち上げと事例紹介~での、山邉の講演資料になります

0 users, 1 mentions 2022/11/01 10:37
『SUUMO』における行動履歴ログの品質担保の取り組み / techplay221101_03_niibori - Speaker Deck

2022/11/01_リクルートが考える『意思決定に効くデータマネジメント』~アナリティクスエンジニア組織の立ち上げと事例紹介~での、新堀の講演資料になります

0 users, 1 mentions 2022/11/01 12:09
プロダクト意思決定の質×スピードを上げる、"いつも"使われるモニタリング開発のアプローチ / techplay221101_02_shirako - ...

2022/11/01_リクルートが考える『意思決定に効くデータマネジメント』~アナリティクスエンジニア組織の立ち上げと事例紹介~での、白子の講演資料になります

0 users, 1 mentions 2022/11/01 12:09
Understanding numpyro - Speaker Deck

numpyro の基本的な使い方から内部構造の把握. plate, sample, HMC, MCMC の挙動を中心に.

0 users, 1 mentions 2022/10/31 03:08
Reading "Interpretable Personalized Experimentation" - Speaker Deck

I read a paper, "Interpretable Personalized Experimentation", which was accepted at KDD2022. https:/...

0 users, 1 mentions 2022/11/25 01:37
因果推論のための研究デザインとデータ解析 - Speaker Deck

LabBase転職の主催セミナーでの講演資料です。 https://labtechtalk-event221104.peatix.com

0 users, 0 mentions 2022/11/15 09:09
データ整備の基礎 - Speaker Deck

2022/04/07 初版公開 お問い合わせ先 Twitter:<a href='https://twitter.com/data_analyst_'>@data_analyst_</a> メールフ...

0 users, 0 mentions 2022/11/10 00:09
Management 3.0: Extending the agile journey to the whole organisation - Spe...

Many agile teams hit a wall when it comes to improving the way we do business. Management and the br...

0 users, 0 mentions 2022/11/27 03:08
GREE VR Studio Laboratory - UXDev R&D Summary 2022 - Speaker Deck

GREE Tech Conference 2022で発表された資料です。 https://techcon.gree.jp/2022/session/TrackA-8

0 users, 0 mentions 2022/10/31 12:09

ML-Newsについて

機械学習の技術に関する情報は流速も早いし、分野も多様でキャッチアップが大変です。Twitterで機械学習用のリストを作っても、普段は機械学習以外の話題が多く流れており、効率的に情報収集するのは困難です。

ML-NewsはSNSを情報源とした機械学習に特化したニュースサイトです。機械学習に関する論文ブログライブラリコンペティション発表資料勉強会などの最新の情報を効率的に収集できます。

機械学習を応用した自然言語処理、画像認識、情報検索などの分野の情報や機械学習で必要になるデータ基盤やMLOpsの話題もカバーしています。
安定したサイト運営のためにGitHub sponsorを募集しています。

お知らせ

  • 2021/12/31: デザインを刷新しました
  • 2021/04/08: 日本語Kaggleのカテゴリを新設しました